終わるつもりも、留まるつもりもない 1

 

心優しいフォロワーさんに声をかけていただいて、12月3日に東京ドームで行われたARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」に参加してきました!レポートではなく、自分の記憶にとどめておくための備忘録になります。がっつりねたばれだよ!

 

会場

まずメインステージのスクリーンが大きいーーーっ!!国立はこんなに大きかったっけ?と考えたんだけど、6年も前だから分かんないなあ。

会場は大体こんな感じ。空いているところに人が入ると想像してください。ざっくりにしてもひどい絵だ。

 

 f:id:mv_mnm:20171205220539j:plain  f:id:mv_mnm:20171205220554j:plain

始まるまでメインスクリーンには額縁が映っていて、掛け時計や雑踏、オーケストラの写真など。右下はメンバーが目をつぶった絵(肖像画みたい)が映っていて、5人が切り替わっていきます。隣のJは赤く光り続けていた…。開園が近づくにつれ蝋燭の火が揺れたり、雑踏が歩き出したり…最後は時計が動き出し、18時を指してスタート!各自が好きなようにつけてたペンライトが消えるあの瞬間、めちゃくちゃテンション上がる。実はわたくし、初フリフラ*1でした。自分が演出の一部になれるのって楽しいし嬉しいね。

 

 

1.Green Light

予想通りの1発目!

メインステージにミニタワーみたいなのが5つあって、その上に横並びで登場。そのままエレベーターでステージに降りてきてがしがし踊る!衣装は地味だったけど…なんかお金のないスタトレパロ映画の衣装みたいな…赤服…。

でも会場中が緑の光線に包まれる中踊る5人がめちゃくちゃかっこよかったです。あとCDで聞くとナァイの発音にいつも笑っちゃう相葉くんの「Superheroなんかじゃない だけどI’ll be very nice」(すごい歌詞だな)が全然気にならなかったし、なんならめちゃくちゃかっこよかった。大満足。アルバムを聞いてる時から思ってたけど、嵐の人たち本当に歌が上手になったよねえ。

私はこの曲を他のアイドルの追随を許さない宣戦布告ソングだと思っているのですが、「トップになろうって夢、絶対叶えようね」*2と誓った5人が、私たちに「To the top come with me」*3と誓いを託してくれて、今では「このてっぺん まだまだI’m the owner」と高らかに歌ってくれる、この!さあ!なんて最高な始まり!

 

2.I’ll be there

相葉くんの美しい横顔と手のどアップで始まる!死んじゃう!そのままメインステージで踊るんだけど、ショートバージョンでちょっと残念。「そう隠されてる 本当の優しさ」のぐいんぐいんする相葉くんの腰の動きがメインスクリーンでどアップになってました。カメラさんありがとう。

そういえば相葉くんに久々に前髪ができたっていうレポが前日に回ってたんだけど、流してたのをやや短く切った感じで前髪にはなってなかったな。

 

3. 風雲

ここからムビステ*4でバクステまで移動。自席からバクステがかなり見づらいことが判明してややしょんぼり。

これはコンサートでの嵐とファンの歌だと思っていて、ゴリゴリギターでかっこいいのにHey!!の呼びかけがしやすくて楽しい。しかしモニターはモノクロにするとかっこいいけど見づらいよ!

 

4. Attack it!

大好きなAttack it!をやってくれてテンションだだ上がり!!相葉くんの「集った女子Jumping」はしっかり見たんだけど、にのちゃんの「笑顔に紛れた大怪獣」は見逃し失態。あと翔くんの「外野の言葉はシカトする」はちゃんとスクリーン見てたのに、どんな顔してたのか分からぬまま切り替わってしまった…あの顔を楽しみにしてるのにい。

 

挨拶

ここで挨拶~。潤くんがいつもなら「5万5千人幸せにしてやるよ!」と言うところを「かかってこい!」とアレンジしてたので、やっぱり風雲はコンサートの歌だよね!と嬉しくなりました。でもオラオラそんなことを言ってたのに、最後何も言わずファンを見てうんうんとうなずいて締めた潤くんがもうかわいすぎる。ずるい!しかも前髪しっかりあってかわいさ5割増し。思わずにのが最初の「いらっしゃいませー!」言いながら笑っちゃうぐらいのかわいさでしたよ。磁石*5は天然な潤くん好きだよねえ。

相葉くんは挨拶の最後にへたっぴウインク!できないのにやってくれるのかっわいい!リーダーはいつも通り「ハーイ!」の掛け合いなんだけど、Attack it!の早いリズムとリーダーのゆっくりリズムが何だかうまくはまらなくてやりにくかった(笑)

翔くんは「東京ーーーーーー!!」がめちゃくちゃ長くてファンのイェー!が続かないぐらい!すごいなあ。「ちょっと早いよ」って宣言してからARASHIコールさせる気遣い屋さんでした。

 

5. Happiness

ロッコで別れて移動。下手相葉二宮櫻井・上手じいまご*6で分かれてたはず。今回久しぶりのコンサートでどこ見たらいいのか分からなくなり、結局相葉くんばっかり見てました。

 

そしてHappiness終わりで謎演出…。ここだけじゃなくて何度も差し込まれるんだけど、この演出がなんだかなあ…。スクリーンに風景のややリアルなアニメーションが出て、嵐がしゃべる言葉に合わせて文字が浮かび上がるんだけど、最初にしゃべり始めたのが翔くんだったせいで、以後この演出をフォロワーさんと「ZERO」って呼んでました。なんかZEROで翔くんが取材した特集が始まりそうな感じがあったんだもん。そこから「街ですれ違うだけが出会いじゃない」「だから僕らの出会いは運命」みたいな(うろ覚え)ポエムの後にこの曲…。

 

6. UB(ユニット曲:にのあい*7

 

気が狂う。

 

7.Come Back(ユニット曲:翔潤*8

UBの興奮冷めやらないうちに翔潤!死!

ジュニア引き連れてメインステージでがっつり踊る!最初は上手下手に分かれて歌ってたのが、2番前にどんどん近づいて、押したり引いたりしながら向かい合ってラップするの、最高!手を組み、足まで絡ませてたのが翔潤的には大事件なのに、UBの後に見るとやや落ち着いていた自分が怖い。

あとサビ前のパートで、自分が歌わないところは止まったり後ろ向いたりして相手を目立たせるところや、外さず真面目にかっこよく決めてくるところが二人らしくて、とても好きな演出でした。

でもね、かわいくスカジャン色違いにするなら紫着ようよ翔くん!潤くんは赤だよ!*9

 

8.夜の影(ユニット曲:大野・松本・二宮)

エストサイドストーリーでも始まる?というような楽屋風のセット(メインステージ)にジュニアとリーダー・にのが登場。この流れでこの二人ということはもしや?と思ったら、潤くんも登場して夜の影へ。

絶対黒のピラピラした衣装で3人だけで踊ると思ってたので、白のピラピラした衣装でJrに囲まれてるのにびっくりした!しかも踊る3人を色んな視点から映すから本当にどこを見たらいいか分からなくて困る。後ろからのアングル珍しくて良かったなあ。

振付:大野智は抜群のかっこよさで「確かめ合おうPhysically」の手のふあーんとした動きが好きです。しかし間奏でにのが潤くんをバックハグしてゆらゆらし始めて震えました。腰を擦り付けるんじゃありません!しかもリーダー我関せず!自由!

モニターにラスト映るのがにのなんだけど、今日のにののビジュアル200点満点!いつもかっちりめな前髪がいい具合にバサッと乱れてて、モニターにアップで映るたびに、思わず「かわいい…」「かっこいい…」って呟いてました。

 

9.バズりNIGHT(ユニット曲:大野・相葉・櫻井)

嫌な予感が的中してしまって悲しい…。こういうところどんどんアップデートしていってほしいです、本当に。ちゃんと話し合って価値観アップデートしていこ…。

終わった後やんややんや言う末ズ*10がグッズのラグラン着てたんだけど、いつもみたいに個人でカスタマイズしてないから本当のペアルックでかわいかった。あと書き下ろしトトロ。久々に見たけどなんも成長してないな画伯。*11

 

10.つなぐ

優勝!!あんたがリーダー!!

メインステージの上のミニタワーがつながって、ミニステージみたいになるんだけど、その上で正座で俯く大野智…5万5千人の前に一人投げ出される大野智…。ウィーンと機械音が鳴ると同時に動き出して、ずっと俯いたまま、スクリーンに映る糸に繋がれて踊る人形っぷりよ…!緩急のつけ方が本当にきれいでかっこよくて、正直どうやって4人が出てきたのか覚えてません!ごめん!
しかしみんな黒ロングコート衣装でめちゃくちゃかっこよかったのに、曲が終わって暗転の瞬間に脱いじゃってショック…。

 

11.抱擁

コートを脱いだらサテンのてらっとしたシャツになって、それはそれでかわいかった!相葉くん→黄色、にのちゃん→青、潤くん→緑と珍しくストール、リーダー→ラベンダー、翔くん→紺?だったはず…。
初めてCD聞いてから絶っ対翔くんのラップ歌う時かっこいいぞと思ってたけど、案の定最高でした。今回のビジュアルは前髪上げてかっちりセットと私は好みじゃないのだけど(長め前髪が好き)、がっつり表情作り込んでてかっこよかった!
途中でセンターステージに動いてたかな?

 

12.お気に召すまま

珍しくカップリンク曲!しかも大好きな曲!センターステージでがしがし踊るぞ!スポットで照らされると全然見えないぞ!

Cメロの磁石の掛け合いが大好きなんだけど、背中合わせで歌ってて良かったなあ。その後の相葉くんの囁き「「逢いたい」と言えばいい」の時になぜか本人を見てしまって、いない!?と思ったらしゃがんでカメラ目線で歌ってました。急いでモニターを見たからちょっとだけど確認できたよ!


13.BitterSweet

最近のシングルの中では意外な選曲。このあたりでジャケットを着てたかな。

上手相葉櫻井二宮、下手じいまごに分かれて、センターとメインをつなぐ通路の角まで移動してたと思う。リーダーが先に歩いてて「おいでおいで~♡」したら、潤くんがぴょこぴょこ飛んできてかんわいかった…!無邪気!

しかしリーダーこだわりのラスト決めポーズをなぜか見逃しました…えーん!


14.GUTS!

いつ移動したかは記憶にないけどムビステかバクステにいた…はず…。

Aメロで周りが一斉に双眼鏡を使い始めたから何かと思ったら、じいまごで釣りごっこ。潤くんが釣って、リーダーがチェック&リリース!を繰り返してかわいい…いつもやってるけどかわいい…。しかも最後のNa~♪でフォロワーさんが「指掴んでる…!」と震えてたから何かと思ってモニター見たら、指を握り合うじいまごの背中が映ってました…。びっくりしてバクステの本人たち見たら、相葉二宮櫻井の順でこっちはぎゅうぎゅう抱き合ってた…。もうどこ見ればいいの!両脇二人もにっこにこだったけど、真ん中で挟まれてるにのちゃんが目なくなっちゃうぐらいでれでれ笑っててかんわいかったです…よかったねえ…。

なぜかサビの野球のフリがボウリングに変更。ボウリングの球に指通すところまで再現 してて笑った。


15.Doors〜勇気の軌跡〜

「次はこの曲です」という潤くんのフリでスタート。今回こういうフリとかZERO(謎演出)が挟まってて、セトリはいいのに流れがあんまりよくない気がする。

メインスクリーンに森がワッサー広がってて、嵐がちょろちょろ映る演出でした。見づらい。

 

 

はい、ここで行ったん終わり!

まだ半分とか嘘でしょ…?と、全然終わる気がしないので分けます。

次はMCからスタート!

 

 

*1:2014年のTHE DIGITALIANコンサートから導入された制御式ペンライト。自分が好きな色に変えるだけでなく、演出側がコントロールして色を変えるペンライト。

*2:2004年の24時間テレビで相葉くんがぼろぼろ泣きながら読んだ手紙に書かれてた言葉

*3:まだ見ぬ世界へ 嵐 - 歌詞タイム

*4:移動形式の舞台=ムービングステージ。もっとファンと近づきたい!」と潤くんが考案。透明なステージがファンの真上を通過するため、嵐が歌って踊ってる様子をファンは真下から見れるようになっている。2005年のOneコンサートで登場してから、嵐のコンサートでは定番になっており、東方神起ALFEEも使っている。

*5:櫻井二宮コンビ。二人のイニシャルSN→S極N極→磁石。

*6:大野松本コンビ。おじいちゃんと孫みたいという由来。ひどいや。

*7:二宮相葉コンビ。公式には総武線コンビと呼ばれる(ジュニア時代、一緒に行き帰りしていた二人の乗ってた路線。

*8:櫻井松本コンビ。いつの間にか公式呼びになってた…。

*9:メンバーのイメージカラーは大野→青 櫻井→赤 相葉→緑 二宮→黄 松本→紫

*10:二宮松本コンビ。1983年生まれの末っ子二人。

*11:櫻井パイセンの手にかかればトトロもこの通り。「櫻井翔 トトロ」の画像検索結果